読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワキガの原因と対策

ワキガの主な原因は、アポクリン汗腺です。


精神的なストレスや緊張をするとここからの汗が出やすくなります。この汗自体は無臭ではなりますが、皮膚上で脂肪酸と一緒になり、時間経過すると雑菌が増殖して悪臭を放つという流れです。


ワキガといわれる人は、原因となるアポクリン汗腺が多い人であったり、また、原因となる汗が脇にとどまりやすい腋毛が多い人であったりします。ですので、対策として大あげられるのは三つ。手術、デオドラントスプレー(制汗剤)、食事です。


まず手術は原因となる汗腺自体をなくすという事があげられます。原因となる汗腺そのものを除去してしまえば、においがなくなるという理屈です。ただし、手術だと再発する可能性もあるようです。汗腺が再生しちゃう場合があるようですね。

 

次に一般的なのがデオドラントスプレーです。冷感を感じさせる成分を使って汗を抑制させるものや、アポクリン汗腺からでる汗を抑制する成分があるものなどがあります。さらに殺菌効果があるものだと、直接的に雑菌に作用して、原因となる菌を減らしたりもできます。今では、強力な制汗剤もあるため、即効性がある対策方法です。

xn--kck4a1bxd0a0fb5705dcpvatg0a.com

 

食事による対策としては脂肪酸を分泌しやすくなる食べ物などを避けたり、原因となる食べ物を摂取する事を控えるといった事があげられます。

 

あとは、一般的な事ですが、脇を清潔に保つといった事も大切であります。

 

私がやっている体臭対策

最近スメハラと騒がれることも多くなってきて、体臭対策に余念がない人も増えていることだと思います。 私自身はそこまで気にしているわけではなく、むしろスメハラと騒ぎすぎではないかと思っています。 人間誰しも臭いは持っているし、無臭の人のほうが少ないくらいです。そう考えるとスメハラというのは酷いと思います。 とはいえ少し臭うなと思えば対策はしますが、何が何でも体臭をなくしたいというほど執心してもいません。私がやっているのは対策というほどでもない、シンプルに体を洗うといったものです。 お風呂に入ることは臭い云々というよりも汚れを落とすためではありますが、このときは脇を中心に洗うようにしています。 というのも私は汗をかきやすく、特に脇に汗が流れやすいです。汗をかくと気持ち悪いうえに、服に染み込んで臭いも臭くなります。ですので脇は徹底的に洗うようにはしています。 ですが私自身は自分に体臭がそこまであるとは感じておらず、服を脱いだときに何か臭うなと思うくらいです。 とはいえ私がそう思っているだけで、周囲からすれば体臭はキツい可能性もあります。 周囲に聞いたことはないため、臭っているのかどうかは分かりませんが、もし臭いと思われているのなら、もう少しケアをしたほうがいいかもしれないとは思います。

体の内側から臭う体臭?

一年の内で一番体臭が気になるのはやっぱり汗のかくことの多い夏で、私自身、体臭で周りに迷惑をかけていないだろうかと気になることがよくあります。なので汗をかいたらすぐにハンカチや汗専用のウェットティッシュで拭うのはもちろんのこと、デオドラント製品なども携帯して臭いが気になるたび、しゅっと体にそれを吹きかけるといったことをしています。


ただ夏の汗の臭いはこうした対策で良いのですが、たまに体の内側から体臭が気になることがあります。たとえばそれは不摂生な生活習慣に原因があったり、場合によっては何かしらの病気が原因だったりとするわけですが、このような体内から漂ってくる体臭はどんな対策をすればいいのかいまいち分かりません。


もちろん私は特にこれといった病気を抱えているわけではないので、不摂生な生活習慣やバランスの悪い食事が原因だと思うのですが、体内から臭ってくるともうお手上げです。そんな体臭専用のサプリや健康食品なんかもありますが、そこまでするほどのことではないけど、ちょっと気になるというようなときにできる、もっと簡単な方法を探してみようと思います。

加齢と体臭とその対策

年齢を重ねていくと自分で気がつかないうちに体臭がきつくなっていた、ということがあります。若い頃に比べれば体臭の原因になりがちな肉料理や脂っこい料理は減っているはずなのに何故体臭はきつくなってしまうのでしょうか?

 

体臭の原因はほぼ汗です。自分で自覚がなくとも体温調整のため人間は微量でも常に汗をかいているともいえます。そしてその汗の成分の変化で体臭がきつくなってしまうのです。歳をとるとどうしても若いときに比べ汗に含まれる皮脂の成分が変わってきます。また、酸化した皮脂が増えるることが原因となります。汗をかいた自覚があればその後お風呂に入ったり、身体を拭いたり、衣類を取り替えるなどの対策もできますが自覚がない場合なかなか難しいですよね?自分の体臭がどうなのかを知るチェック方法があります。

 

まずはシャワーもしくはお風呂に入ります。シャワーやお風呂に入ることで自分の汗や臭いを洗い流すのですが、その際自分の嗅覚も最初の状態へと戻されるので慣れてしまった自分の体臭も嗅ぎ分けれるようになるのです。そして上がった後についさっきまで着ていた自分の衣類または肌着の臭いを嗅いで見てください。普段他の人が感じている自分の体臭がわかります。

 

最近は何でも便利になっていてコンビニなどでもすぐ見つけられると思いますがデオドランドペーパーなどが手軽にできる体臭対策にオススメです。ポケットティッシュサイズからお徳用サイズまでありますし、お値段も手ごろです。女性ならかばんに常に入れておけるのがうれしいですよね。食生活や生活習慣なども気をつける必要はありますが、何かに制限されてストレスになってしまうよりふと気になったときすぐに対処できるのも長続きのポイントではないでしょうか。